スイカごっこ

スイカとしてゴロゴロ転がる会

アパート編「手袋」ハミ出し話

あーこんにちは。スイカと私のサムシング、略してスイカです。スイカは私なんですけども。助詞間違いがはなはだしいですね。

 

創作をしたいぜ~と始めた当ブログでございますが、とうとう週1ペースにも間に合わなくなって、文字だけで何か書こう作戦を発動いたしました。というか、ずっと同じような話と絵(ハマり編)を書いてて飽きました。というわけで、気分転換にアパート編なるものを書いてみました。長かったですね。細切れにし過ぎた感がすさまじい。

こちら↓ですね。

www.suika-watermelon.com

 

15話も誰が読むのじゃ感がすごかった。まあ、番号振っていても、どの話も「何かよくわからんけどスイカがバビョーンと跳ねてたな」くらいの話でしかないので、どこから読んでもいいんですけどね。書いといたほうがいいですかね。プロフィールに書いときます。どこから読んでもよいですと。どこからでもお読みなさいと。謎の上から目線。

 

えーと、こぼれた話。何も説明しなくてもいいかとも思ったんですが、のちに自分が読んだ時に気になるであろう点をツッコんでおきます。アパート編記念。

 

最上階、6階について。なんで6階は空き部屋なのかといえば、「ハマり編」で、もう1人登場人物を出したいけど、10話時点でまだ出ていない……。5階建てでいいのだろうか、本当はもう1人いるはずなのに、みたいな妙な自分内葛藤が生まれたので、6階建てにしました。出そうと思っていたキャラクターはアパート編自体には出てこないし、5階建てでもよかったんじゃなかろうかと私ですら思いますが、まあよいのではなかろうか。特に意味ありませんでした。己の葛藤をおさめるためでした。

 

数え方。ずうっと思っていたのですが、日本語の数え方について。えーと、ひとり、ふたり、とかですね。今まで、「人」という言葉を使って数えたくなってしまい、あ、「人」は1人もいなかった、と思い直して修正したりしていました。が、それももはや限界。これからは、ひとり、ふたり、と、ひらがなで表記すると思います……。「人」という字を使っていないからセーフという、よくわからない論理です。何がセーフなんだか。

 

アームについて。AI搭載ロボットという設定のロシュさんのアームについて。どこにしまってあるんだという。「アームを途中でつけ替えた」みたいなことを言わせてしまったのですが、どこから付け替えるアームを取りだして、どこに今まで使っていたアームをしまっているのでしょうか。分解して、アーム内にある収納スペースにしまっているのでしょうか。自分でもわかりません。異次元に倉庫でも持っているのでしょうか。

まあ、持ち物として予備アームバッグを持ち歩いているのでしょうかね。クイスさんの部屋にも予備アームがあるのでしょうけども、「付け替えた」と文章内で書くのを私が忘れてしまったため、掃除機アームつけたまま話をしていたことになりました。

 

エコーロケーションについて。レファラさんが、4階の自室から、ロシュさんが階段を上って屋上に行くまでの足取りを感知していたところを書きました。まあこの描写、あまり意味ないんですが、「屋上に行ってたよ」という本人(本ロボ)の証言を裏付けるもの……みたいな感じで入れてみました。

 

で、「そこまで超音波が届くのか」という疑問がございます。今も疑問です。どれくらいの距離届くのだろうか。ちょっと検索した程度ではよくわかりません。そもそも自然にいるコウモリやイルカ、クジラたちは、動きながらエコーロケーションで何があるのかを探るそうで。動いてるってアナタ……どの程度の距離から探れるのか、他人である私には知りようがないような。

 

周波数と時間から距離がわかるのでしょうか。すみません、何言ってるのかちょっとよくわかりませぬ。というわけで疑問を感じつつも、よくわからぬまま。そもそもアパートのサイズもよくわからんですし。未設定です、アパートのサイズ。だいたいの大きさすら決めておらなんだ。雑だなあ……。調べ方が雑なのも含めて、今の私にはこれ以上無理でした。おうっふ。

 

あ、レファラさんがロシュさんに声をかけなかったことについて。本編っぽいハマり編で、たぶんレファラさんとロシュさんは面識がないのでは、直接会ったことがないのでは、というのがあり、なのにここでいきなり知り合いのように話しているのも変なのか、というよくわからない葛藤がまたもや生じたため、レファラさんはロシュさんに声をかけないことにしました。ロシュさんはロボットだから、それでもいいかと思いまして。相手が動物とかだったら声をかけたほうがいい場面のような気がします。憂鬱そうな足取りで屋上に向かっているという場面は。

 

ポケットに食べ物。まあ……、何か、触れるタイミングがなかったのでそのまま流しましたが、ポケットに素のまま詰めるものなのかそれは。と、一応ツッコみたい所存。サリーさん、おおらかにもほどがあるだろう……。おそらく海よりも広い心を持つ、おおらかなサリーさんでした。

 

フォントについて。登場キャラクター表にナイショ文字というフォントを使いました。

 

fontdasu.com

 

ハマり編で使っているフォントも貼ったほうがいいですかね。それはハマり編のハミ出し話のほうに紹介しましょうか。そうします。

 

そんな感じでござります。そしてその後、ハマり編(一応本編っぽい編)に戻るのかと思いきや、また別の編をやるという……。

 

絵を減らしたい所存でございます。8枚は多かった。絵を描くのが非常に遅い私には多かった。その上、自分でも好きになれない感じの色使いになってしまい、深刻なモチベダウンが発生しておりました。自分で決めたことだろう……。そうなんですけども~。

 

というわけで、色、変えてもいいですかね。誰に聞いてるのかよくわかりませんが。ハマり編の何か微妙にきつい色使い、変えたい……。どう変えるのか、次に描いた「トウフ編」で模索しております。モノトーンを主に使えばきつくなりすぎなくて済みますかね。どうだろうか……。勝手にすればいい感がすごいですね。はい、勝手にやりますけども。

 

アパート編とトウフ編は外伝みたいな、そこだけで完結する短い話ということで書いてみました。短くないですけど。長いですけど。最初に出してるキャラ表で、見た目と名前だけわかれば、突然オリジナルキャラ名だしてもいいかと思って。

 

ハマり編の次は日記編かなあと思ったりしています。そこら辺はゆるくつながっている感じになると思いますが、アパート編、トウフ編は独立しておりますね。ややこしいですかね。わかりやすく表などにまとめたほうがいいですかね。いや要らんですかね。要らん気がします。なくても何とかなると思いますけども。人間には……想像力というものがあるからにして……。

 

わりと、自分が描いたもの以外の創作物でも、途中から読んで読んだ気になってるマンな私としては、大丈夫ではなかろうかと。途中参加で読んだ気になってもいいじゃない、いいじゃない2019。私の人生がそういう方針なので、このブログもそれでいいじゃない。いいじゃない2019。

という感じです。いいじゃない。

 

それでは。