スイカごっこ

スイカとしてゴロゴロ転がる会

ごあいさつ

こんにちは。スイカを名乗る何者か、略してスイカです。

絵を描いたり、お話を作ったりしたくて、スイカなりきりブログを始めたはいいものの、自分で気になって仕方がない部分があるので、セルフツッコミをしてみます。

自分だいすきか。はい。きもい。はい。ほっといてください。

 

ハマり編1話目、えーとハマり編ということは、ほかにも編を描く気満々かよコンチクショウという感じですが、そうです。満々です。次か次の次くらいに漫画編をふわっと予定しています。

というか、去年から漫画同人誌を作って売ろうと意気込んで描き始めたはいいものの、丁寧にやりすぎて終わらないという素人ならではの罠にハマったので、ブログでスイカになりきって現実逃避しています。漫画描き終わったら、その苦労して描いた漫画をブログでいじりたいという、素人くさい野望。

 

で、1話目。

サリーさんが「自分はイヌじゃない」と断言しているのですが。特に、ほかのしゃべる動物キャラが活躍するアニメや漫画、その他創作物や作り手をディスっているわけではありません。

 

サリーさんはイヌをモデルにしてはいますが、話に特に関係ないです。人間のキャラを描くと私は死ぬほど時間がかかるのと、見た目が美しい、私が美しいと感じた、という理由で犬種を選んだので、特に意味はありません。

 

イヌの理由? えーと……スイカに含まれるビタミンAを多量に摂取するとビタミンA中毒になる可能性がある、という記事を以前ネット上のどこかで読み、スイカを食べられないキャラとしてイヌを考えたのですが、少量なら大丈夫なようですね。というか適量だったらむしろ必須な栄養素のようですね。

 

設定、意味なし!

 

適当な創作なのでなあ……「イヌじゃねえ」と言うしかなかった……。

「イヌじゃねえ」と言わせたいがための「2足歩行だから」「しゃべるから」という後づけ理由なので、大した意味はございません。

 

で、あと、尻尾を描き忘れました。工具ベルトを描くのに必死になりすぎ、尻尾の存在を忘れていました。イヌを知らぬやつ特有のミスでしょうか。尻尾は、そのイヌの感情を知るための手掛かりになるとか何とか。私が描きたかった犬種では、冷静な大人なら尻尾が下りているのが普通だとか何とか。そんな大事なもの、描き忘れるなよ……!

 

いや、あのキャラ、イヌじゃないので。

 

工具ベルトもなあ……。ふだん工具使わないので、何を入れていいのか……。何かがおかしい工具を見たければ、わたくしのブログをぜひご覧あれ。

 

そしてスプリンクラー。スプリンクラーにハマるって何だ……と思いつつ、ほかに思いつかなかったのでスプリンクラーで文章部分を書いて、絵で困るという。どうすりゃいいの。最初、スプリンクラーを制御する制御装置にハマった、とかにしようかと思ったけども、それだと壊れますよね。作動しない、もしくは暴走する予感がします。

壊したいわけでもなかったのでああなったわけですが、何ですかね、なんで円形になってるんだろう、四角い、おそらく金属が。何かがおかしい。

あと、格子状の意味ないと思う。直線状でも、何なら点のような装置でも、空中に浮かんでてもいいのではないだろうか、何しろ1000年後だし。しかし文章部分に無理があるのでどうにもできない。そして半透明に関しては、もう自分でも意味がわかりません。謎の未来技術です、たぶん。

 

着地の衝撃について。宇宙から惑星に落ちてきたのだとしたら、どうなんでしょうか、クレーターができるはずだと思うのですが。本人(本スイカ)が無事では済まないというのは置いておいて。むむ……。

一瞬考えたのは、重力や引力が弱い惑星で……という理由でしたが、それだと惑星の大きさがかなり小さくなりますかね? 誰に聞いているのだろう。いえ、誰にも聞いていませんが。

これは伏線として使ったほうがいいような気がしてきた。伏線だっつってんのにここでバラしてどうするんだという気もしてきた。

 

もう、自分で見てて「あああ何それ、意味わかんない」の連続だったあまりにこんな文章書く羽目に。この文章も訳わからない気がしてきた。これからはツッコまなくて済むようにはしていきたい所存です。

 

今後。毎週木曜午後3時くらい更新を目標にしようかと思っています。できれば週2回更新にしたいのですが、なにしろ絵を描くのがおっそい。プロだったら通用しないスピード代表としては、勝手に代表になってますが特に誰にも反対はされないだろう、代表としては、まあはい、何とかなる。間に合わなくても地球は回る。そっちか。

あのスイカ間に合うのか、どうなんだ、というのを楽しめる人は楽しめばいいと思います。